右回転と左回転のエネルギー

世の中の万物には、右回転左回転のエネルギーがあるということを知らされたのは、数年位前のことです。

ちょっと不思議な整体の先生を知り合いから紹介されて、家内がまず足を運んでいきました。

そこで、その先生から、その、右回転と左回転の話を聞いてきたのです。

でも、そういったエネルギーがあるといわれても、見えないし、感じないし、最初はどうしたらいいの?という感じでした。

ただ、そうであると、受け入れていただけでした。

そして、私たち夫婦は、右回転の人だから、食べるものも、付き合う人も、右回転にしないと、体調を崩すと言われました。

・・・といわれても、自分達で判別ができないと、どうしようもありません。

どうすればいいのかなあ・・・と、最初は漠然と考えていました。

右回転と左回転の判別

あるとき、とある場所で、私と家内は紙コップのお茶を飲んでいました。

私が緑茶で、家内は烏龍茶

これが、どちらが右回転で、左回転か、わかったらいいよね?と家内が言い出しました。

私は、特に何も考えずに、先生が、我々は右手がセンサーだと言ったから、手をかざせば、わかるんじゃないかな、やってみようよ、ということになりました。

そして、紙コップの上に手をかざしてみました。

すると・・・

私の緑茶の上にかざした手は、緑茶の上のエネルギーを捉えて、右側に流れていきました。

家内の飲んでいた烏龍茶の紙コップの上に手をかざすと、手は左側に流れていきました。

「これだ!!」

我々夫婦は、このときから、右回転と左回転を、身体で理解するに至ったのです。

コップの上にかざした手が右に流れるのは、その上にあるエネルギーが、右に回転しているからであり、左はその逆。

これ以降、しばらくの間は、ありとあらゆるものの上に手をかざし、変な宗教にはまったかのような人になっていました(笑)。

右回転=癒しのエネルギー

いろいろな物のエネルギーの右左の判別ができるようになってから、今度は、先生のように、その人の体のエネルギーの状態を判別する方法を探しました。

私は結局見つけられずにいましたが、家内が見つけてしまったのです。

家内は、ほんとに好奇心の塊なので、ついにその方法を見つけてしまったのです。

それは、人の身体をダウジングの針金と化すようなものでした。

まさに、私にとっては、パンドラの箱を開けたようなものです。


さて、私と家内は、身体の氣の乱れを治すのに、「胡椒」を身体に当てておきなさいと先生から言われていました。

氣の乱れの場所の、反対の波動が、胡椒の波動なのです。

胡椒をそこに貼っておけば、波動が中和されて、血流もよくなり、氣の流れもよくなり、骨格も自然に変化していくのです。

この、胡椒を何処に貼るべきなのかとか、貼るべきものは胡椒なのか、それとも別のものなのか、ということも、自分自身をダウジング化することで、見極められるようになりました。

今では、その技術を更に磨くことによって、ほとんど、ただ見ているだけで、その貼るべき物・場所は、見極められるようになりました。

信じるか信じないかは、あなた次第です。


無料の波動リーディングを希望される方はこちらをクリック波動リーディング・メールオーダーサービスを希望される方はこちらをクリック

波動リーディング@カフェを希望される方はこちらをクリック波動リーディング@ホームを希望される方はこちらをクリック

びっこ・内旋脚改善サービス風水改善サービス