波動とは?波動という概念について

波動という概念は、そもそもむずかしいものなのですが、感覚で理解することも、できます。

今、「できます」と書きましたが、できる人もいる、という方が、正確かもしれません。

ちなみに、私は、「貝類」を食べると、とたんに首の後の筋肉が、収縮します。
つまり、筋肉が緊張するのです

以前はこういう感覚を理解することはできませんでしたが、貝類を食べると、その波動を受けて、体調が変化してしまうということを理解したら、その感覚がわかるようになりました。

ですから、今は基本的には貝類は食べません。

肉の波動

そもそも、私は菜食主義的生活を送っていますが、それは、肉が食べれないからではなく、肉を食べると、肉の波動が体のなかに入ってくるのが嫌だからです。

まあ、他にも理由はありますが、メインの理由は、これです。

動物がかわいそうだからとか、ベジタリアンの人には、様々な理由がありますが、波動的見地から、このようなことを言うのは、私と私の家内くらいでしょう。

その、肉の波動ですが、もともと肉自体の波動というものではありません。

動物が屠殺されたときの、「死の波動」が、肉の中の血液に満たされているからです

殺されたときの「怨念」といってもいいかもしれません。

そう考えると、人は、普通に肉を食べますが、食べるごとに、動物の「怨念」を取り込んでいるとも言えます

水は波動を転写しやすいものであり、血液は、水そのものです。

そう考えると、そういった波動という名の「怨念」を転写された物質を、人間は美味しいといって、体のなかに取り込んでいるというわけですから、恐ろしいものです。

油の波動

油に関しては、最初はあまり考えていなかったのですが、だんだん量を減らしていってから、わかるようになりました。

家内曰く、
油は酸化しやすいものだから、参加した油をとることは、体内に活性酸素を生むのでよくない」とのことです。

確かに、油をとらない生活を続けていると、外食で、油を使っているパスタ(まあ、使うのは当たり前なのですが)を食べると、胃がもたれてきます。

胃がもたれるという現象が起きてしまっているのなら、もうすでに活性酸素が発生しているわけで、なんとかしないといけません。

我が家では、今はもう油を使用しない生活になっているのですが、最初は、代替の油といいますか、「波動」的に大丈夫な油を使っていました。

ナタネ油です。

自然食品のお店に行けば、たいてい置いてありますが、近所のスーパーマーケットでは手に入らないかもしれません。

私は、油に関しては、一般のサラダ油などは、波動的に受け付けないのですが、ナタネ油に関しては、別格です。

ちょっと便通に問題がある人は、家にある油を、菜種油に取り替えてみるのが得策です。

変化があると思います。

また、菜種油は、なぜか油なのに、胃がもたれるということがありません。

これは、非常に不思議なのですが、菜種油のもつ波動にいよるものだと思っています。

食べ物の波動のお話でした。


無料の波動リーディングを希望される方はこちらをクリック波動リーディング・メールオーダーサービスを希望される方はこちらをクリック

波動リーディング@カフェを希望される方はこちらをクリック波動リーディング@ホームを希望される方はこちらをクリック

びっこ・内旋脚改善サービス風水改善サービス