2012年12月28日前夜の考察

さて、前回の記事にある、12月28日が、明日に迫って来ました。ということで、さらなる絞り込みを行いました。その、絞り込みとは何なのかというと、時間的な絞り込みです。

12月28日の何時から何時までが、東京の安全性に問題が発生する時間帯なのかということです。それを、独りオーリングで調べてみました。

それで出た結果は・・・

16時から17時の間、と出ました。

まあ、私個人は、実はあまり気にしていません。そう大したこともなかろう、と考えています。ただ、その時間帯は家にいて、のんびりしていようと思っています。スケジュール的にも問題がないので。

それで、実際に何が起こる可能性があるのか

私個人は、何が起こっても仕方ないか、と思っているのですが、そう大したことは起こらないと考えているので、意外と気楽なものです。

不安がないといえば、嘘になるかもしれませんが、まあ、家にいる限りは何の問題もないだろうと思っています。実際、311の時のことだって、幼児や小さなお子さんはともかく、大人であれば、放射線の影響も、福島から遠く離れた東京であれば、それほど騒ぎ立てるほどの問題でもなかったと思えるからです。

私の問題にしていないというのは、そういうことです。

実際、どこで何が起こるかなどまで調べているわけではないですし、騒ぐだけ騒いで人々の不安を煽るというのも問題ですから、逆に言えば、あえてあまり調べないようにしています。

あと、実はもうひとつ、問題にしていない要素があります。

未来はパラレルワールド?

並行宇宙という概念があります。未来の世界はパラレル(並行して)で走っているという概念ですね。実際のところはどうか、よくわかりません。でも、そんな気もします。

量子力学の世界観で考えれば、明日、何も起こらないという考えがそこにあるだけ、また、明日何かが起こる可能性があるという概念があるだけでも、明日という未来に影響をもたらすので、未来自体がもし、「何かひとつ」決まっていたとしても、その決まっていたはずの未来が変化してしまう可能性があるということです。

決まっていたものが変化してしまうので、もともと決まっていたはずの未来図と別の未来がそこに存在しているということになります。

占いや予言が外れたり当たったりというのは、そういうことかもしれません。

そう考えると、明日何かが起こる未来と、何も起こらない未来が存在するわけで、それは並行しているので、「何か」の要因で、そのどちらかへシフトしてしまうということなんだと思います。

それをもたらすのが人の想いとか想念であるというのが、ヒーラーの方々の主張ですね。間違っているとは思いませんが、そればかりではないと私は思います。

それを可能にするのは・・・、

  • 当然、人の想いだったり
  • 人の邪念だったり(変化をもたらすという意味で)
  • はたまた、ただの偶然だったり

するんだと思います。

まあ、私は基本的に楽観論者です。暗い未来を想像してばかりいると、その想念自体が悪い方へと影響をもたらすと考えてもいるので、という意味で、かなりの楽観論者です。

ということで、独りオーリングで予見しておいてなんですが、明日、12月28日、何も起こらないことを祈ります(というか、楽観し過ぎて、祈るつもりさえないのですが(笑))。


無料の波動リーディングを希望される方はこちらをクリック波動リーディング・メールオーダーサービスを希望される方はこちらをクリック

波動リーディング@カフェを希望される方はこちらをクリック波動リーディング@ホームを希望される方はこちらをクリック

びっこ・内旋脚改善サービス風水改善サービス

独りオーリングセミナー

コメント


認証コード4738

コメントは管理者の承認後に表示されます。