2013年新年の抱負と、今年の展望

さて、2012年12月28日は、平穏に過ぎたわけですが(苦笑)、それで、実は一つわかったことがあります。それは、、独りオーリングは、基本的に未来予知できないということではなく、未来は変えられるということです。そして、未来は、人の想いが変えていくことができると思っています。

たまたま10月の独りオーリングセミナーで、リングが開いてしまったことがキッカケで、この話を始めていたわけですが、それ以降、遠隔で、また、不定期に福島の原発一帯に対して右回転のエネルギーを送っていました。それが「何か」を変えたのかもしれない、と思うようにしています(笑)。もちろん、私の力がどれほどのものかというと、大したものではないと思います。でも、何かを変えることは可能かな、と思っています。未来について、こんなにいろいろ考えたのは、久しぶりでした。

独りオーリングで、ギャンブルの予測はできるか?

この、12月28日の話に関して、お客様の一人から、その信憑性を尋ねられました。私の答えは、「独りオーリングは開く」ので、安全性に関して、必ずしも大丈夫とはいえないというのが答えでした。

そして、その質問の後に、ギャンブルの予測はできますか、との質問がありました。実は、ちょっとだけですが、競馬で確認をしていたことがありました。結論から言うと、全く当たりませんでした(笑)。

では、なぜ当たらないのかということを、私は考えました。

それで出た結論は、独りオーリングはそもそも、筋反射をベースにしているものなので、「人の危機意識」を認識する可能性はあっても、「欲望」を予知することはできないのではないか、ということです。

ネズミの集団自殺と未来予知の関連性

地震が起きるのを予知したネズミは、集団で移動して、その危険性から逃避するといいます。その先頭集団を走っていたネズミが、勢い余って崖から落ちてしまったとして、そのネズミ達が未来予知を間違っていたかというと、そうではないと思います。

要するに、ネズミは「危機」を感じていた。その危機は、ネズミにとって確実なものだった。だからこそ、移動をしていたのです。そのかわり、集団で逃げるという行為が「何か」を変えてしまったのかもしれない。そう考えています。

つまり、ネズミは集団で自殺行為をしようとしていたのではないと私は考えています。ただ、危険から遠ざかろうとしていただけではないかと思うのです。だいたい、動物が集団で自殺するなんて、非論理的です。ありえない。

・・・と、ここまで来て、何が言いたかったかというと、独りオーリングは「可能性」を判断することはできても、未来予知するものではないということです。あくまでも、可能性の問題で、それ以上でも以下でもないということです。

結論からいうと、独りオーリングは予知はできない(笑)ということですね。可能性は視ることはできる、ということです。

とりあえず、以上になります。

とここまで来て、やっと本題の、2013年新年の抱負と、今年の展望

今年考えていることは、まず、サービスの決済を、PayPal(クレジットカード)だけでなく、銀行振込対応にもするということがあります。まあ、それ自体は今でもすぐ可能なのですが、自動化することができていないというわけです。できるだけ早く対応するようにします。

それから、整体師としての施術だけでなく、正しい筋肉をつけて健康体をつくるためのトレーニングの指導ということも考えています。これをネット中心で行えたらいいなと考えています。まだ、これは構想の段階なのですが、できたらいいなと考えています。

また、進捗状況は随時報告させていただきます。それでは。


無料の波動リーディングを希望される方はこちらをクリック波動リーディング・メールオーダーサービスを希望される方はこちらをクリック

波動リーディング@カフェを希望される方はこちらをクリック波動リーディング@ホームを希望される方はこちらをクリック

びっこ・内旋脚改善サービス風水改善サービス

独りオーリングセミナー

コメント


認証コード6772

コメントは管理者の承認後に表示されます。